新司法試験の類題演習、慶大教授を考査委員から解任へ

(2007年6月28日3時2分 読売新聞)

 法科大学院の修了生を対象にした今年度の新司法試験で、出題と採点を担当する「考査委員」を務める慶応大法科大学院植村栄治教授(57)(行政法)が試験問題の類題を事前に学生に教えていた問題で、法務省は27日、植村教授を考査委員から解任する方針を固めた。週内にも正式に発表する。

 植村教授は、先月中旬に実施された新司法試験への対策として、今年2〜3月、同大学院の学生を対象に答案作成の練習会を実施し、実際の試験問題と類似した論点について説明した。また、試験で書いた論文を再現したものがあれば個人的に採点するとした一斉メールも学生たちに送った。

 法務省は〈1〉考査委員には答案練習会などの受験指導を行わないよう要請していたのに、これに違反して試験制度への信頼を損なった〈2〉個人的な採点を行えば、採点基準に関する守秘義務違反になる恐れがある――などの点を重視し、解任の方針を決めたとみられる。解任により、7〜8月に予定されている採点作業に関与できなくなる。同省は「旧司法試験時代も含め、考査委員が試験問題を巡る不祥事で解任されるのは初めてではないか」としている。

そういえば,肝心の慶大ローは,HPを見る限りは,この件につき公式には何も発表していないようだ。
まさかこのまま,知らぬ存ぜぬで行くつもりだろうか。それならそれで,当大学院は無関係です,と言ってもらわないと。入試の時期でもあるし。

慶大教授、考査委員解任へ 新司法試験前に類似問題説明
中日新聞 2007年6月28日 夕刊

 五月に実施された法科大学院修了者対象の新司法試験で、出題・採点担当の考査委員を務める慶応大法科大学院の植村栄治教授(57)が本番前に対策勉強会を開き、実際の問題に類似した論点を学生に説明していた問題で、法務省は二十八日、植村教授を考査委員から解任する方針を固めた。

 考査委員が解任されるのは極めて異例。法務省は「試験の公平性に疑念を生じさせた」と判断、植村教授は七−八月に行われる採点作業には関与できなくなった。

 同省の調査などによると、植村教授は二−三月、七回にわたり試験対策の勉強会を開き「行政処分の執行停止」などについて講義。その後、参加者に電子メールで「外国人の退去強制処分」などに関する六つの判例を紹介し「これを読んで頑張って勉強してください」と伝えた。

 実際に論文式試験の公法系科目で、外国人の退去強制処分の事例を基に処分の執行停止について論じる問題が出された。

法相、慶大教授の解任示唆  新司法試験の考査委員

岩手日報 2007年06月26日

 長勢甚遠法相は26日の閣議後会見で、5月に実施された法科大学院修了者対象の新司法試験で、出題・採点担当の考査委員を務める慶応大法科大学院の植村栄治教授(57)が、本番前に実際の試験問題と類似した論点を学生に説明したことについて「(考査委員の)解任を含めて厳正に対処したい」と述べた。

 長勢法相は「事実とすれば誠に許し難い。関係者にはもう一度原点に立ち返って、姿勢を正してもらいたい」と批判。「過当な競争になっていたり、そういう雰囲気があるとすれば、(法科大学院の趣旨から)逸脱しないように考えてもらいたい」と話した。

 ただ、法科大学院の教授らが出題と採点を担当する現行制度の改正については「人材もたくさんいるわけでもないし、今のところはそこまで踏み込むのはどうなのかなと思う」と述べ、消極的な姿勢を示した。

「人材がたくさんいないから,解任するのはどうなのかな」というのはおかしな論理だ。
優れた技能を持っていれば,何をしても許されるのかな。

新司法試験「答案練習」、法相が不快感 「許し難い」

asahi.com 2007年06月26日10時58分

 5月実施の「新司法試験」で問題作成や採点を担当する考査委員を務めた慶応大法科大学院の教授が、試験前に学生向けの答案作成の練習会を開いていた問題について、長勢法相は26日の閣議後の記者会見で「事実だとすると誠に許し難い」と不快感を示した。今後、法務省による調査の結果を踏まえ、委員の解任も含めた処分をする考えを明らかにした。

 法相は「本人ももちろんだが、こういう事を生ずる雰囲気があるのではないかということを含め、関係者に姿勢をただしてもらいたい」と発言。法科大学院の過当競争が背景にあるとの見方も示した。

法科大学院日記@慶應LS UNDERSAIL
2007年5月16日(水)
新試験2日目

公法系は、憲法行政法とも、慶應内部で2月から実施された試験委員の答練を受けた人が有利だったという印象。都市計画法が出題されることもメールで示唆がありました。他の受験生が悩みそうなところを悩まずにすんだ人が多かったというあたり、アンフェア。行政法は、問題に食らいついて解いたという実感があまりありません。

2007年5月17日(木)一日ブレイク

京都大→友人経由の情報によると、会社法経営判断原則が出るそうです。昨日の公法系のことがあるので、重点的に復習。

慶応大学法科大学院の方が直々に書かれているあたり,ほんと生々しいですね。

新司法試験の考査委員、自校生に「採点基準」

asahi.com 2007年06月29日15時34分

 法科大学院の修了者を対象にした新司法試験をめぐり、出題や採点を担当する考査委員を務める大宮法科大学院大教授(52)が昨夏、過去の試験問題を同大の学生に出題した際、独自の採点基準を配布していたことがわかった。法務省は「実際の試験の採点基準とは異なっており現時点では問題があるとはいえない」としながらも、「望ましいとまではいえない行為」ととらえて事実関係の確認を進めている。

 今年の試験でも慶応大法科大学院で考査委員が学生対象の自主勉強会を実施していたことが発覚。受験生を指導しながら試験実施に携わる委員のこうした指導が試験の公正に対する疑いを招きかねないことから、法務省は、指導の範囲に明確な基準を設けるとともに委員選任のあり方も見直す方向で検討に入った。

 大宮法科大学院の教授は、04年から国際私法の考査委員。06年の夏休み中に国際私法の講義を選択する数十人に対して計4回、臨時で講習を実施した。そのうち、その年の5月に実際の試験で出題された論文問題を使った講習で、解答にどのような要素が盛り込まれていれば何点を加えるかを記した紙を配布した。

 教授は取材に対し、独自に作った基準であることを強調したうえで「学生の要望だった。考査委員の立場上、項目や配点が試験の基準と重ならないように意識した。認められた指導の枠内で問題はない」と話した。

 同大ではほかにも、倒産法の考査委員を務める別の教授が昨年6月、同様に独自の採点基準を示した紙を配布していた。

 新司法試験の考査委員は現在156人。裁判官や検察官ら「実務家」は半数弱で、半数以上を法科大学院で教える教授らが占めている。委員は採点基準を漏らしたり学生対象の「答案練習会」を開いたりしないよう要請されているが、どのような指導が違反か明確な線引きはないのが実情だ。

 法務省は今後、全委員に勉強会や答案練習会などの指導をしたことがあるか報告を求め、実態把握を進める。

新司法試験の考査委員・慶大教授、法務省が解任

(2007年6月29日12時36分 読売新聞)

 法科大学院の修了生を対象に先月実施された今年度の新司法試験を巡り、出題と採点を担当する「考査委員」を務める慶応大法科大学院植村栄治教授(57)(行政法)が、試験前の答案練習会で試験問題と類似の論点を学生に教えていた問題で、法務省は29日、植村教授を同日付で解任したと発表した。

 考査委員の解任は、旧司法試験時代も含め、初めて。

 同省の司法試験委員会は近く、考査委員全員を対象に、同様の受験指導をした事実がないか報告を求め、大学院の教員が考査委員も務める現行制度の見直しについても検討するとしている。

 長勢法相は同日の閣議後記者会見で、「他の法科大学院も重く受け止めてほしい」と述べた。

 同省は、植村教授を2回にわたって呼び出して事情を聞き、〈1〉今年2〜3月、慶応大法科大学院の学生らを対象に、考査委員が禁じられている答案練習会を7回開き、関連する判例の要旨などを学生に一斉メールで送った〈2〉試験直前の先月6日、試験で書いた論文を再現したものがあれば個人的に採点するとした一斉メールも学生に送った――などの事実を確認した。

 同省は、問題そのものが学生側に漏えいした事実は確認していないとしているが、「答案練習会を行い、試験の公正さに疑念を生じさせただけで十分に解任理由になる」としている。また、試験後の個人的な採点についても、実際に行っていれば、採点基準に関する守秘義務違反に当たる恐れがあったとしている。

 一方、有識者らでつくる同省の司法試験委員会は、今夏の採点作業が本格化する前に、155人の考査委員全員を対象に、任期中に答案練習会や勉強会などの受験指導を行ったことがないか報告させる。

司法試験「類題」指南の慶大元教授を告発…弁護士ら33人

(2007年8月11日0時3分 読売新聞)

 今年の新司法試験で出題担当の「考査委員」を務めた慶応大法科大学院の植村栄治元教授(3日に辞職)が、試験問題と類似の論点を事前に学生に教えていた問題で、全国の弁護士や大学教員ら33人が10日、植村元教授について国家公務員法違反(守秘義務違反)の疑いで東京地検に告発状を提出した。

 法務省は、植村元教授以外の考査委員による調査結果に基づき、慶大生が有利な情報を得たとは言えないとする見解を3日に公表しているが、告発状は「『仲間内』の調査では国民は納得できず、検察庁による事実解明を求める」としている。

 告発状を出したのは、神戸学院大法科大学院教授を務める樺島正法弁護士を中心に、大阪、東京、名古屋の弁護士や法科大学院の教員ら。告発状では、植村元教授が試験問題の作成に関与しながら、試験直前に学生向けの答案練習会を行った事実にふれたうえで、「試験問題と同じ判例や、共通する論点を教え、職務上知り得た秘密を漏えいした」と指摘している。考査委員は非常勤の国家公務員に当たり、守秘義務違反に対する罰則は、1年以下の懲役か、3万円以下の罰金。

 植村元教授はこれまでの取材に、「漏えいの意図はなかったが、軽率だった」などと話している。

>漏えいの意図はなかったが
なんですかこれは,違法性の意識がなかったとでもおいいですかね。
てかいまだにこの法科大学院のHPは,この件に関してノーコメントなんだね。どういうことなんだろ。

新司法試験の慶応大類題指南、法務省は得点調整せず

(2007年8月3日22時58分 読売新聞)

 今年の新司法試験で出題・採点を担当する「考査委員」を務めた慶応大法科大学院の植村栄治教授(57)が、事前に試験の類題を教えていた問題で、法務省は3日、「慶応大の学生に有利な結果をもたらしたとは認められない」として、得点調整などの是正措置を行わないと発表した。

 解任された植村教授を除く155人の考査委員についても、「特に不適切な受験指導はなかった」と結論づけた。しかし、委員からのヒアリングを行わず、自主的な報告で済ませた同省の調査に対し、法科大学院関係者から疑問の声が上がっている。

 今年5月に実施された新司法試験では、慶応大法科大学院の修了生271人を含む4607人が受験。行政法分野の考査委員だった植村教授は2〜3月、試験に向けた答案練習会を同法科大学院で7回開催し、関連する判例などを学生に一斉メールで送っていた。

 法務省が今回、メールの内容を調べたところ、「重要そうなもの」と紹介された国民健康保険料に関する判例が、マークシート式の短答式試験でそのまま出題されたことが確認された。採点が終了しているこの問題の正答率を分析した結果、20%台だった全体平均(慶応を除く)に比べ、慶応の修了生の平均は4〜5ポイント高かった。

 ただ、慶応よりも正答率が高い法科大学院も12校あり、同省は「受験者なら当然勉強しておくべき重要な判例で、慶応の正答率が不自然に高いとは見えない」と判断した。

 また、植村教授が事前に判例を教えた、外国人の退去強制処分に関する問題も、論文式試験で出題されていた。論文式は採点が終わっていないが、同省は「この判例を知っていたから試験で有利になるとは言えない」とし、採点面での考慮はしないという。今回の調査結果を踏まえ、同省の司法試験委員会は3日付で、慶応大に再発防止を求める文書を送った。

 一方、他の考査委員に対する調査は、不適切な受験指導を行ったかどうかを自己申告させる形で実施された。このため、同省に報告したのは、ネット上などで植村教授と同様の疑惑が指摘されていた10人弱だけ。同省はこの報告に基づいて、「いずれも単なる補講などであり、問題はなかった」としている。

 東京都内の受験生の男性(31)は、「多数の科目がある中で、試験直前に考査委員から特定の判例が示されれば、そのテーマに勉強を集中できるメリットは非常に大きい」と話し、得点調整の見送りを批判する。また、青山学院大法科大学院の宮沢節生教授は、「法務省は、植村教授が与えた情報と試験問題の共通性を、極めて限定して解釈している。他の考査委員の調査も、報告がない大多数をすべて『問題なし』としており、不徹底だ」と疑問視している。

          ◇

 慶応大は3日夜、同日付で植村教授が辞職したと発表した。同大広報室によると、法科大学院は「懲戒免職処分が相当」という見解に達したが、植村教授が「深く反省しており、責任を取る」と申し出たため、辞職願を受理したという。

大学の施設を使ってるところからも明らかに大学ぐるみでやってたことだっていうのに,辞職させてそれっきりですか。
それに,懲戒免職処分(=解職のことか)相当だっていうなら,辞職願いなんて受理せずに,はねつけてちゃんと解職したら?
っていうことは,大学も負い目を感じてるんでしょうが!

てか,問題漏洩してもらったっていうのに,大して平均点が挙がってないだなんて。情けないねえ。

慶大教授「軽率な行為だった」 新司法試験答案練習

asahi.com 2007年06月23日21時50分

 先月実施された新しい司法試験をめぐり、問題作成や採点を担当する「考査委員」を務めた慶応大学法科大学院植村栄治教授(57)が、試験前に同大学院の学生向けに答案作成の練習会を開いていた問題で、植村教授は23日、朝日新聞の取材に応じた。「立場を考えれば公正さを疑われても仕方がない。今となってみれば軽率な行為だった」と話した。

 実際の試験で、練習会で取り上げた「都市計画法」や「外国人の退去強制処分」などに関する問題が出たことについては「ことさらに試験に出そうな論点を外す配慮はしなかったが、問題を漏洩(ろうえい)するようなことはしていない」と説明した。

 法務省は「答案練習会」をしないよう考査委員に要請している。植村教授は「大学院での授業がない2月、3月の間に、なんとか学生の実力を底上げしたいと個人的にやった。法務省が禁じる練習会に当たるという認識はなかった」と話した。

新司法試験考査委員の慶大教授、事前に類似内容講義
nikkei.net 6/23(15:00)

 法科大学院の修了者を対象とした今年度の新司法試験で、問題作成や採点、合否決定を行う「考査委員」の慶応大法科大学院、植村栄治教授(57)が、新試験の実施前に受験者を主な対象とした勉強会を開催し、実際の試験問題と類似した内容の講義をしていたことが23日までに分かった。法務省も事実関係を把握しており、植村教授から話を聞くなど調査を進めている。

 植村教授は2004年から同大学院の教授として、行政法などの授業を担当。考査委員には昨年11月に就任した。

 慶大などによると、植村教授は今年2月から3月にかけ、行政法に関する勉強会を計7回、大学構内で開催。毎回、150―170人の学生が参加した。

新司法試験の考査委員の慶大教授、自校生に「事前演習」
asahi.com 2007年06月23日

 法科大学院の修了者を対象に先月行われた新司法試験で、試験問題作成と採点を担当する「考査委員」の立場にある慶応大学法科大学院の教授が、自分が教える大学院の学生を相手に、本試験で有利になるよう事前の答案練習会を開いていたことがわかった。慶応大学が23日認めた。法務省はすでに調査をしており、「守秘義務違反の疑いもある」として同教授を考査委員から外すべきかどうか検討している。

 教授は、同大学院で行政法などを教える植村栄治氏(57)。昨年秋に考査委員に就任し、今年の新司法試験の問題作成と採点にあたった。

 慶応大によると、植村教授は問題作成が終わった後の今年2、3月、慶大法科大学院の学生に対して、試験対策のために答案のつくり方を教える「答案練習会」を計7回開いたという。

 関係者によると、毎回、150〜170人ほどの学生らが出席。この場で扱われた「都市計画法」や「外国人の退去強制処分」などに関する問題が、実際の新司法試験で出題された。

 法務省は「法規では定められていないが、任命時に『答案練習はしないでほしい』と要請している。経緯を確認中だが、事実ならば問題だろう」としている。

 また同大によると、植村教授は、本試験直前の5月上旬、受験予定の学生らに「採点が終わった後であれば、試験で書いた論文の内容を復元して送ってくれれば、個人的に採点してあげる」とする内容の一斉メールを送っていた。

 法務省はこの行為を特に問題視しており、「試験の採点基準はどこにも漏らさないことになっており、採点後であっても守秘義務違反にあたる可能性がある」としている。

 慶応大学は06年に行われた初の新司法試験で、中央大、東大に次ぐ104人の合格者を出している。今月発表された「第1関門」にあたる短答式試験の合格者も237人で、中央大、東大に次ぐ数だった。

 植村教授は成蹊大法学部長を経て、04年に慶応大学大学院教授に就任した。新司法試験の考査委員は非常勤の国家公務員にあたり、任期は1年。

そりゃマズイだろ,どう見ても。
答案練習自体,マズイって言われてるのに。
大学構内で150人も参加している以上,「個人で」なんてのも,無理があるわ。
でも他にもやってんじゃないの,これは。

新司法試験の合格者1851人、類題教えた慶応大は2位

(2007年9月13日21時14分 読売新聞)

 法科大学院の修了生を対象にした新司法試験で、法務省司法試験委員会は13日、2007年の合格者を発表した。

 受験した4607人のうち1851人が合格、全体の合格率は40・18%だった。

 今年は社会人出身者など3年制のコースを修了した学生が初めて受験し、合格者数が昨年(1009人)の2倍近くに増えたが、合格率は8・07ポイント下がった。

 大学院別の合格者数では、東京大が178人でトップ。考査委員だった教授(当時)が試験の類題を学生に事前に教えた慶応大は、173人で2位(昨年は3位)だった。慶応大の合格率は64%で、東大(59%)や早稲田大(52%)を上回った。

 受験者を送り出した大学院68校(昨年は58校)の中で、100人を超す合格者を出した大学院が5校あった一方、1けた台が32校、1人しかいない所も2校あり、大学院間の格差が浮き彫りになった。

 法科大学院は、大学の法学部を卒業するなどした人(法学既修者)向けの2年制コースと、社会人出身者など未修者向けの3年制コースに分かれている。

 合格者のうち、既修者は1216人で、合格率46・03%だったのに対し、未修者は635人で、合格率は32・32%にとどまった。社会人など多様な人材を法律家に養成することが法科大学院の理念の一つだが、未修者には厳しい結果となった。

 男性の合格者は1334人、女性は517人。平均年齢は29・2歳で昨年(28・87歳)よりわずかに上がり、最高齢は56歳だった。

新司法試験で類題指南、慶大処分を法科大学院協が先送り

(読売新聞 - 07月28日 03:12)

 新司法試験の「考査委員」として出題を担当した慶応大法科大学院の植村栄治教授(57)が試験の類題を事前に教えた問題を巡り、全74校でつくる法科大学院協会(東京)が、有効な対応策を打ち出せずにいる。

 慶応大への処分には踏み切れておらず、他校に対する調査は検討もしていない。9月中旬の合格発表を控え、修了生らの間で「法科大学院制度を信頼していたのに裏切られた」との声が高まり、現場の教員からも批判が出ている。

 今月24日、東京都内で開かれた同協会の臨時理事会では、出席した慶応大の理事を途中退席させて対応を検討した。当初は、慶応大を約20人の理事メンバーから外すなどの処分もあり得るとみられていたが、結論は、植村教授の問題に限定した調査委員会の設置にとどまった。